ダンスウエアの生地について
 
トップス・スカート
 
主にTシャツのようなトップスやウエストゴムのフレアスカートなどは「カットソー」と呼ばれる
伸縮性のある生地で出来ています。(画像:上段左 黄色)
 
素材はポリエステル95%、スパンデックス(伸び縮みをサポート)5%が一般的で、
パンツ用には厚手の物を持ちいますが、スカートとトップスは中肉や薄手の物が多いです。
 
踊ると体温が上がりますが腕は見せたくない!方のために、袖が伸びるメッシュ素材で出来
ているトップスもあります。(画像:上段 右チェック柄のメッシュ)

 




----------------------------------------------------------
 
画像上段 左 黄色 トップスなどに使われる「カットソー生地」
 
     右 白黒と薄ピンク 「伸縮性のあるメッシュ生地」
 
 
画像中段 左 青 「レース生地」トップスやドレスに使われます。
 
     右 薄紫 「シフォン生地」これは伸縮性はありません。透けます。
 
画像下段 左 濃いピンク 「サテン生地」光沢、陰影が出ます。
       ストレッチの物もありますが 伸縮性のない物が多いです。
 
     右 薄ピンク 「ゴース」透ける張りのある織物です。伸びません。
       スカート裾などやペチコート裾に用います。
 
----------------------------------------------------------
 
※以上の名称は生地の「織り方」の種類である事が多いので 素材は決まっていません。 
高級な物はシルクでできているものもあります。
 
ダンスウエアの場合はあくまでスポーツウエアなことと、最近の化繊糸はとても精巧に
作られているので、アフターケアや強度などの点からは天然繊維よりもポリエステル等
の化学繊維の方が適していると思われます。
 
 
ドレス
 
「ワンピース」と記載されている物は伸びるカットソー生地でできた物が多いですが、
「ドレス」と書かれている物は一つのドレスで色々な種類の生地を使っている物が多く、
裾の加工なども異なりますので画像をご参照ください。
 
 




----------------------------------------------------------
 
画像上段 左 黒地にターコイズブルーの花 「3Dレース」 
          3d=3次元の=立体レースです。
          これはターコイズサテンリボンのお花と、黒のスパンコールの刺繍もしてあります。
 
     右 薄ピンク これも「3Dレース」生地です、これらは伸縮性はありません。
 
 
画像中段 左 青 「レース生地」トップスやドレスに使われます。
 
     右 黒 「伸びるメッシュにスパンコール手刺繍」
 
画像下段 左 薄水色 「貼りスパンコール」光るフィルムが張り付けてあります。
       (洗濯機ですと取れる事が多いので 軽く手洗いして下さい)
 
 
     右 フューシャピンク 透けるメッシュ生地に「ラインストーンとジルコン貼り」
 
----------------------------------------------------------
 
加工生地について
 
より凝ったディテールへの追及から 1980年位までは3万円/1m 程のコストのかかった
レースやスパンコール刺繍がたいへんリーズナブルに求められるようになりました。
 
これらの「加工生地」はお洗濯でダメージを受ける事もありますので、クリーニング屋さんに
ご相談をお勧めします。ポリエステル表示の物は家での手洗いも可能です。
 
----------------------------------------------------------
 
洗濯方法
 
基本的にはドライクリーニングをお勧めしておりますが 
家で手洗いの場合は以下手順でお願い致します。
 
手洗い、脱水機無し、乾燥機無し でお願いします。
 
1、洗剤を溶いた水(大きなドレスの場合はバスタブなどで)に つけたり
  持ち上げたりを繰り返し 洗います。(揉み洗いはしない)
 
2、すすぎは水を替えて2回、洗いと同じ要領で
 


 
3、そのまま絞らずにハンガーにかけ 吊るします。
  水が滴るのでお風呂場か家の外で干して下さい。
 
4、3〜5時間で水が落ちなくなりますので、風通しの良い場所で陰干しして下さい。
 
----------------------------------------------------------
 
裾の始末
 
色々な方法があります。文章ではお伝えしにくいので画像でご覧ください。
 


 
----------------------------------------------------------
 
画像上段 左 「通常の裾上げ」
 1,5センチ位折返してミシン縫いしてあります。
 
     右 「メロウ仕上げ」
 細かいロックミシンでかがってあります。メッシュなどの縁はこれ。
 
画像中段 左 「切りっぱなし」
 ハサミで切ったまま、裾ツレがありません。ニット素材なので
 ほどける事もありません。メッシュにも多いです。
 
     右 「パイピング」
 画像は赤布でパイピングしてあります。別布で巻き縫いの事。
 少し重くなりますので フリルを立たせる場合など用います。
 
画像下段 左 「ホースヘア」
 張りのある素材で編んだ5センチ程の幅のリボンでくりくりします。
 主に競技会で用いるドレス裾などに。
 
     右 「テグス入り」
 裾がくりくりと波打つようにロックミシンを掛けながらテグス
 (透明釣り糸のような糸の太い物)を縫い込んでいます。
 はみ出している場合は カットして構いません。 
  
----------------------------------------------------------